黄色いタオル

変化

さて、盆休み中に 40年以上つき合いのあった仲のいい友人が亡くなりました。心の中 に何かポカンと穴があいた感じがして、いつも寝る前に想い出します。
一時は毎日のように朝は喫茶店…昼は…タ方は…と会っていて、とても人様に言えな いような事もして…。病気とは知っていましたが、いつも一緒に遊んでいた人が亡くなってしまい、何か自分もそろそろかと…淋しく感じています。
ちなみに知人たちからは、「二人は鍋つかみ」と呼ばれていて、片方では役に立たないのか…と話題でした。

ところで、毎日が暑く、今年はコロナ禍の中、災害も多く、どんな年なの…?
私たちスタッフは朝、ラジオ体操後、朝礼をして毎日の行動予定を報告し合っているのですが、最近何か自分に腹が立って朝から叱ってばかりいます。
人が多くなり、毎日の作業も多様化しています。その中で色々トラブルもあり、「何故」という気持ちがつい出てしまいます。色々ありますが、これも今まで自分が創ってきた仲間だから…もっと自分を変えなければ…と反省しています。
どこの会社でもよく「報告·連絡·相談」と書いてありますが、 最近は特に強く感じています。毎日の朝礼をうまく活用し、コミュニケーションを取り合って、本当に風通しの良い会社を作って、お客様に満足して頂ける仕事を笑 顔で対応していきたいと思っています。
さてさて、会社も次世代へのバトンタッチ!この 8月末に登記を終え、引継ぎを息子にしました。これから色々大変かと思いますが、私自身一スタッフとして、まだまだ弱ってはいられません。
新しい企画事を考え、多くのお客様に「住託考房に頼んで良かった」と言ってもらえるように精進していくつもりです。若いスタッフには負けません!…が、最近、息子から「給料を下げる」と言われ、「え~そこへ来るの?仕方ない…」。いつも「ドタバタ劇」の多い会社です。
自分も人生の終馬へ向かっていく中で、いつまでもお客様と繋がっていく事を考えて、これからも発信していくつもりです。何か感じられた事がありましたら、ご一報ください。
まだまだ、色々大変な時節ですがお体にご自愛ください。
あ~!これで借金の保証人から外れます。 ホット!一息。